保坂毅

Takeshi HOSAKA

1980 福島県生まれ保坂顔写真HP
2005 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース 修了
2008 第23回 ホルベインアートスカラシップ奨学生
2016 – 武蔵野美術大学油絵科非常勤講師

[個展]
2016 「rearrangement」 双ギャラリー 東京
2016 「around and around」 A-things 東京
2015 「Stripes, forms, surfaces」 VITRINE-65 パリ/フランス
2015 「2×4×2+0」 ギャラリーゼロ 大阪
2014 「BACKGROUND」 gFAL 東京
2014 「drive in the house」 アルマスギャラリー 東京
2011 「色いろイロ」 A-things 東京
2009 「Works」 遊工房アートスペース 東京
2009 「矯めつ眇めつ」 A-things 東京
2007 「個展」 Art Trace Gallery 東京
2006 「個展」 Art Trace Gallery 東京

[グループ展]
2015 「引込線2015「 旧所沢市立第2学校給食センター埼玉
2015 「L’amour est dans le trait (architecturé)」 VITRINE-65(パリ/フランス
2014 「Dynamics of expression」アルマスギャラリー東京
2012 「たてよこたかさ=L x W x H」 A-things東京
2011 「TRIO -A- DOT「 A-things東京
2010 「Primary Field II「 神奈川県立近代美術館 葉山 神奈川
2010 「TRIO -A- GRID」 A-things 東京
2009 「サイボーグの夢」 Art Trace Gallery 東京
2009 「TRIO -A- STRIPE」A-things 東京

SONY DSC

SONY DSC

 [コンセプト]
自分で箱や柱を作って絵具を塗っています。見る場所によって色が違って見えたり、箱や柱の形が変わって見えたりすることが面白いと思って作っています。

今までに見たことがないモノを作りたいと思っていますが、見たことのないモノを作るのはとても難しいです。なぜなら、一度見たモノは知っているコトになってしまうからです。僕たちは知っているコトについてはじっくり見たり深く考えたりしなくなることが多いです。だから、見るたびに新しいコトをみつけたり、ちがうコトを考えたり感じたりできるようなモノを作れたらいいなと思っています。

Born in 1980 in Fukushima Prefecture. Graduated from Musashino Art University Graduate School of Art and Design (Painting) in 2005. Granted the 23rd Holbein Art Scholarship in 2008. Since 2016, he has been teaching at Musashino Art School as a part-time lecturer.

[Exhibitions]
Major solo exhibitions: “rearrangement” Soh Gallery (Tokyo 2016), “around and around” A-things (Tokyo 2016), “stripes, forms, surfaces” VITRINE-65 (Paris 2015), “2 x 4 x 2 : 0” Gallery Zero (Osaka 2015), “Background” gFal (Tokyo 2014), “drive in the house” HARMAS Gallery (Tokyo 2014), A-things (Tokyo 2009 and2011), Youkobo Art Space (Tokyo 2009), Art Trace Gallery (Tokyo 2006 and 2007)

Major group exhibitions: VITRINE-65 (Paris 2015), HARMAS Gallery (Tokyo 2014), A-things (Tokyo 2009, 2010, 2011, 2012), The Museum of Modern Art, Kamakura and Hayama (Kanagawa 2010), Art Trace Gallery (Tokyo 2009)

[Art Concept]

I paint on boxes and pillars that I create myself. It is interesting that the shapes and colors of the boxes and pillars look very different depending on where you look. I would like to create something I have never seen but it is not easy because once an object is seen, it becomes something that I already know. Usually we tend not to see carefully or think deeply about things we already know. That’s why I think it would be great if I could create something in which people can find something new or think something different every time they see it.

広告