倉田悟

Satoru KURATA倉田

1991 東京出身
2014 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻 卒業
2015-2016  ベルリン芸術大学協定留学
2016 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース 在籍中

[グループ展]
2015 トーキョーワンダーウォール2015 東京都現代美術館 東京
2014 平成25年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展 武蔵野美術大学 東京
2014 第37回東京五美術大学連合卒業・修了制作展 国立新美術館 東京
2014 平成25年度 武蔵野美術大学 優秀作品展 武蔵野美術大学美術館 東京
2014 理化学研究所 展示プロジェクト2014 独立行政法人理化学研究所 横浜
2013 シェル美術賞展2013  国立新美術館 東京
2012 TURNER MUSEUM vol.1 ターナーギャラリー 東京

[受賞]
2013   シェル美術賞2013 本江邦夫審査員賞
2014  武蔵野美術大学 卒業制作 優秀賞

[コンセプト]ナンバーボーイ
一つの場所と時間軸を設定しその物語を元にした連作としての物語を持つ絵画を近年は制作している。その中でも世界線を変えてしまうような歴史的な事件と日常との関係を描こうとしている。私はそうした出来事の中でもただ生きて遊ぶ人を描きたいと思う。

Born in 1991 in Tokyo. Registered at Musashino Art University Graduate School of Art and Design (Painting) as of 2016.

[Exhibitions]
Major group exhibitions: Tokyo Wonder Wall 2015 (Museum of Contemporary Art Tokyo) , Musashino Art University Graduation show (Tokyo 2014), National Art Center Tokyo (2014), Musashino Art University Museum (Tokyo 2014), RIKEN (Yokohama 2014), National Art Center Tokyo (2013), Turner Gallery (Tokyo2012).

[Awards]
Kunio Motoe prize at Shell Art Prize 2013
Outstanding performance award, Musashino Art University Graduation Show 2014

[Art Concept]
I set up a certain place and time as the background of a narrative and create several paintings based on it.
In that space, I am trying to express the relationship between everyday life and historical events which may alter the world. Even for such dramatic events, I would like to depict people simply living and playing.