衣川明子

Akiko KINUGAWA

SONY DSC

SONY DSC

1986 千葉県出身
2010 武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業
2012 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース 修了

[個展]
2015 「物、ナマ、共感」ARATANIURANO 東京
2014  「in our skin」ARATANIURANO 東京
2014  「ART STAGE SINGAPORE 2014」マリーナ・ベイ・サンズ シンガポール
2013 「いるいない」アートセンター・オンゴーイング 東京
2012 「He, She, It」武蔵野美術大学修了制作展 αMプロジェクト201
2012 「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.6 衣川明子」(キュレーター:保坂健二朗)galleryαM 東京
2012 「誰」ARATANIURANO 東京
2011 「人と人と他と人」ギャラリーb. Tokyo 東京
2010 「あなたのあかに私はなりたい」武蔵野美術大学 東京

[グループ展]
2016  「Unusualness Makes Sense – Alternative Art Practices by Thai and Japanese Artists」チェンマイ大学アートセンター Gallery SeeScape チェンマイ タイ
2015  「VOCA展2015 現代美術の展望 – 新しい平面の作家たち」上野の森美術館東京
2012  「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」国立新美術館 東京
2012 「G-tokyo / α Exhibition」森美術館東京
2012 「アートアワードトーキョー丸の内2012」行幸地下ギャラリー 東京
2011  「Essential Ongoing〜静寂と狂気〜」BankART Life III 新・港村 横浜
2010  「家で煮つめて大事に綴る」Art Center Ongoing 吉祥寺 東京
2010 「さよならと朝」SPACE ANNEX 人形町 東京

衣川3トリム [コレクション]
ピゴッツイ・コレクション
高橋コレクション
宮津大輔コレクション

[コンセプト]
私は画面に薄い絵具を何度も擦り付けて、人や犬や猫またはその中間の様な者を、こちら側を見つめてくる存在として描いています。絵を、観者が一方的に見るのではなく、描かれた存在に見られることで、向かい合うための物にし、何かが伝染するような状態を作りたいと思っています。表情や姿からはっきり何者なのかわからない者や、無防備に腹などの急所をさらしてくる者に、向かい合い、自分の感覚がどう揺れるかを確認しながら絵具を擦り付け、存在させるようにしています。

Born in 1986 in Chiba Prefecture. Graduated from Musashino Art University Graduate School of Art and Design (Painting) in 2012.

[Exhibitions]
Major solo exhibitions: ARATANIURANO (Tokyo 2012, 21014 and 2015), Marina Bay Sands (Singapore 2014), Art Center Ongoing (Tokyo 2013), Musashino Art University Graduation Show (Tokyo 2012), gallery α M (Tokyo 2012), Gallery b. Tokyo (2011), Musashino Art University (Tokyo 2010)
Major group exhibitions: Chiang Mai University Art Center (Thailand 2016), The Ueno Royal Museum (Tokyo 2015), National Art Center Tokyo (2012), Mori Museum (Tokyo 2012), Gyoko-dori Underground Gallery (Tokyo 2012), BankART Life III (Yokohama 2011), Art Center Ongoing (Tokyo 2010), SPACE ANNEX (Tokyo 2010)

[Collection]
Jappigozzi Collection
Takahashi Collection
Daisuke Miyatsu Collection

[Art Concept]
I rub thin paints onto the canvas in many layers to draw people, cats, dogs or something in between humans and animal – beings that look at the viewer from the picture. As the being in the picture is seeing the viewer rather than being seen by the viewer, the picture will be an object in which the figure in the picture and the viewer can face each other as equals. I would like to create a situation where something is transmitted between them. I myself am facing a figure but I cannot tell who it is by its facial expression or appearance or I am facing a figure who exposes their vulnerable part, for example their belly, and I create a work by applying paint while confirming how my sense is disturbed.